髪の毛と白髪染めの相性

白髪染めはさまざまで効くやつや効かないやつがありますが、そのほかにも、髪の毛がうまく染まる染まらないの要因があります。

中でももっとも重要なのが、髪の毛の質でしょう。

髪の毛が太かったり硬かったりすると、あまり白髪染めが浸透しづらいのです。

考えても見てください。

やわらかい髪の毛や、細い髪の毛の方が物理的に考えても白髪染めが入りやすくなると思いませんか?例えば、やわらかい髪の毛ほど、髪の毛の表面を傷つけやすく、細いものほど耐久性や染める面積が少なくてすみます。

結果、自分の髪の毛を染める際に、髪質がやわらかかったり、細いとその分白髪染めをする際有利と言えるでしょう。

逆に髪の毛が太かったり、剛毛だとどうでしょうか。

一本の髪の毛を染めるのに、ある程度の時間がかかる上、髪の毛が硬いということは、中に液体が浸透しにくいという事になります。

これでは、どう考えてもやわらかくて細い髪の毛より色が染まりにくいですよね。

他にも、あなたの中ではなどうしたらいいかわからないものがあります。

それが、白髪染めをあまり経験したことのない人です。

白髪染めをあまりしたことがない人は、実は髪の毛に色が浸透しづらいのです。

髪の毛が完璧に健康体のため、色が入ろうとしても、1から少しずつ髪の毛の表面を壊し、色を入れる必要があります。

その点、何回も色を入れている人は、髪の毛の表面はある程度むかしの傷跡があるため、髪の毛に白髪染めをつけたときも同じ傷から色を入れることができます。

関連リンク・・>[イチオシ白髪染めサポートマニュアル